アニメ

放送から20年経っても根強い人気を誇るアニメ『るろうに剣心』の魅力に迫る!

2020年7月30日

1994年に漫画の連載が開始され、1996年には映像化されたアニメ『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー』。

かつて「人斬り抜刀斎」と呼ばれ、多くの人を殺めてきた緋村剣心が人々を救うために逆刃刀を振るっていく物語です。

アニメはテレビからOVA、劇場版作品が制作され、今年2021年には実写化映画の最終章の公開されている20年以上もファンから根強い人気を誇っていますこの作品。

この記事では、テレビ版となるアニメ『るろうに剣心』の3つの魅力をご紹介していきます。

アニメ「るろうに剣心」のあらすじ

幕末の京都。
そこには修羅のごとく人を殺め、「人斬り抜刀斎」と恐れられた獅子がいた。
彼は動乱の終わりと共に姿を消す。

明治へと時代が移った東京。
「神谷活心流の人斬り抜刀斎」を名乗る辻斬りを追っていた神谷薫は、刃が逆についた”逆刃刀”を持つるろうに・緋村剣心と出会う。

そこに噂の辻斬りが出現し、向かっていった薫は怪我をするが剣心に助けられるが・・・

 

>>テレビシリーズ・劇場版・実写作品が配信中のU-NEXTへ

 

アニメ「るろうに剣心」主要人物と声優紹介

◉緋村剣心
声:涼風真世
低い身長と細い体つきから弱そうな外見だが、刀を持った男たちを一瞬で倒してしまう実力を持つ。
幕末の時代に「人斬り抜刀斎」と恐れられ、数々の人々を殺めてきた過去がある。

◉神谷薫
声:藤谷美紀
亡き父から継いだ神谷活心流を師範代として懸命に守っている。
剣心と出会い、お互いに惹かれあっていく。

◉相楽佐之助
声:上田祐司
拳や斬馬刀という武器を使い、数々の喧嘩に勝ってきた喧嘩屋。
剣心に敗れからは行動を共にし、強敵たちとの戦っていく。

◉明神弥彦
声:富永みーな
家の事情から犯罪を犯していたが、剣心に出会い更生する。
神谷道場に入門してからはメキメキと実力を上げ、仲間からの信頼もあつい。

アニメ「るろうに剣心」3つの魅力

男たちの生き様が描かれる


本作『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー』にはストーリーやバトルシーン、必殺技など様々な魅力があります。

その中でも特に目立つのは、男性キャラクターたち。
私としては京都編で活躍した緋村剣心、斎藤一、志々雄真実の3キャラの印象が強いです!

・自身の過去から剣で世の中を変えるため長州派維新志士となり「人斬り抜刀斎」と呼ばれ、明治に入ってからは殺さずを誓い、弱い立場の人々を救ってきた剣心。

・新撰組として京都の治安を守るために剣を振い「壬生狼」と呼ばれ、組みの解体後は警官として働いていた斎藤。

・長州派維新志士で剣心の後釜として影の暗殺家業を行い、その思想から政府の暗殺にあい全身火傷をおった日本征服を企む志々雄。

激動の幕末にほぼ同時期に活動し、明治になって再び戦うことになった3人。
それぞれの「戦いへの思い」や「国への理想」はかなり異なっていましたが、理想のために戦っていく生き様のカッコよさは20年経った今見ても色褪せません。

危なっかしい男を支える女性たち


るろうに剣心は幕末・明治に活躍した男性キャラたちがメインに描かれていきますが、『男性を支える強い女性たちの存在』もしっかりと表現されています。

剣心に関しては人斬り時代のエピソードにあたる「追憶編」でも彼にとって重要な存在の女性が何人か登場しています。
「追憶編」に関しては、下の記事で触れています!
>>『るろうに剣心』追憶編はテレビ版とは違ったシリアスさが魅力!

ですのでテレビアニメ版だけを例に挙げると、、、
『もし剣心が薫と出会っていなければ、京都編で志々雄に敗れて亡くなっただろう』と思います。

というのも全国を旅していた剣心にとって、薫は大切な人であり、帰る家のような存在だと感じられるからです。

「薫が待っていてくれるから戦いに行ける!」
「薫が待っていてくれるから生きて帰らなければならない!」

この2つは剣心を精神的に強くし、未来へ生きていく支えになりました。

そしてその生きる意志が奥義”天翔龍閃”の会得へとつながり、結果、志々雄を倒し無事帰ることができました。

 

『支え』という点では、志々雄にとっての由美も同じような存在と言えるでしょう。

弱肉強食の信念に生きてきた志々雄。
仲間である十本刀にすらどこか信頼を置いていない部分を見せていましたが、由美にだけはありのままの自分の姿を見せていたように思います。

剣心との一騎打ちでも”由美が亡くなってしまった時点で、志々雄には支えがなくなってしまい負けた”とすら個人的には感じました。

 

>>テレビシリーズ・劇場版・実写作品が配信中のU-NEXTへ

 

主題歌の存在感


TMRevolutionの「HEART OF SWORD」や川口真琴の「1/2」、SIAM SHADEの「1/3の純情な感情」など主題歌が名曲ぞろいなのもるろうに剣心の魅力。

現在のアニメでは『アニメぽくない曲が主題歌になる』ことは普通ですが、当時はあまりそういった曲や歌手が起用されることがなかったので新鮮に感じた方も多かったでしょう。

また楽曲と同じくらいOP、EDアニメーションも印象的で。
実写と2Dの登場人物を合成した、おしゃれな映像もかなり綺麗だったのを覚えています。

まとめ

今回は実写映画の評判も高く、アニメ放送終了から20年たった今でも根強い人気が続くアニメ『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー』の魅力をご紹介してきました。

かなり前の作品なので「まだ一度もアニメは見たことがない。」「もう一度見たいな。」という方も多いかもしれません。

本作は、以下の動画配信サービスなどでご視聴になれますのでぜひご覧ください!!

 

\テレビ・OVA・実写映画が配信中!/

U-NEXTへ

31日間の無料体験!

 

\アニメシリーズが見放題!/

dアニメストアへ

31日間の無料体験!

 



※本作品の配信情報は2021年5月2日時点のものです。最新の配信状況についてはU-NEXTやdアニメストアの公式サイトやアプリにてご確認ください。

-アニメ

© 2021 エンBro Powered by AFFINGER5