動画配信サービス(vod)

ホテルのVOD(動画配信サービス)は危険って本当!?その理由や回避策を伝授!

2020年2月26日

旅行や出張などでホテルに泊まる際、つい使ってしまうのがホテルのVOD(動画配信)サービス。

「子供が部屋で退屈そうだから・・・」
「部屋で1人だとすることがない・・・」

こんな時にぴったりですよね!

気軽に使えて便利ですが、実はホテルでVODサービスを使う場合には注意したい点があるのをご存知ですか?

この記事では利用時に気をつける点とその回避策をご紹介します。

簡単にVOD(動画配信サービス)の説明

動画配信サービスの手軽さを表現した画像
テレビやスマホ、パソコンなどの機器を使い映画やドラマ、アニメといった動画作品を楽しめるサービスです。

・ネット環境進化やスマホ・タブレットの普及
・レンタルビデオ店に行く手間がはぶける。
・延滞や返却がない

といった時代の流れもあって利用者が年々増えています。

国内の有名なVOD(動画配信)サービス

国内の代表的なサービス

・U-NEXT
・Hulu
・Amazon Prime Video
・ABEMA
・dアニメストア
・dTV
・Netflix
・DAZN

最近ではオリジナル作品の製作や独占配信に力を入れたサービスが多くなっています。

 

>>動画配信サービスのおすすめは?10社のサービスをまとめてご紹介!

 

ホテルでのVOD視聴について

最近の事情

ホテルで動画を楽しむ方法は、過去と現在では全く違います。

昔は各フロアの決めらた場所にカード販売機がありそこで購入し、それをテレビに差し込むことで映画やドラマなど自室で視聴することができました。

ですが、最近はテレビのリモコンにVOD(動画配信サービス)が視聴できるボタンが付いているので、カード購入といった手間がなく部屋に入ればすぐに動画を視聴できます。

2つ料金システム

「VODオプション」という設定がされているホテルが多く、料金システムは下記の2パターンが場合がほとんどです。

 

①1日500〜1100円程度の定額制

②作品ごとに課金が必要

定額制個別課金制という方式なので、普段からVODサービスを利用している方には一般的なシステムですね。

利用されるホテルによっては料金システムを選べない場合もありますので、詳しくはご利用ホテルのHPやフロントにてご確認ください!

 

ホテルでVODを利用する場合の3つの注意点

ホテルは不特定多数の人が泊まる場所なので、VODを利用する場合には注意すべき点がいくつかあります。

今回は3つに絞ってご紹介します。

料金が高めに設定されている

ホテルのVODで見放題の場合、利用料金が1日500〜1,100円と先ほどご説明いたしましたが、ホテルで扱っている作品数は大体100〜1000タイトルほどしかありません。

普段からVODサービスを利用している方はこの時点で「ホテルのVODは高い!」と感じるでしょう。

 

ですのでここからはあまりVODを利用されない方のために『通常のVODサービス』と『ホテルのVODサービス』を比べていきます!

通常のVOD ホテルのVOD
料金 月額400〜1,900円 1日500〜1,100(定額)円、個別課金の場合もある
タイトル数 1万〜21万作品 100〜1,000作品
使用できるデバイス テレビ、スマホ、パソコン、タブレット、ゲーム機など 基本、客室内のテレビのみ

通常のVODサービスを契約する場合、400〜1,900円ほどで1万〜21万タイトルを1ヶ月間視聴することができます。

それに対してホテルのVODの場合、500〜1100円ほどで100〜1,000タイトルを1日間しか視聴できないのです。

 

このようにホテルのVODサービスはあまりメリットが多くないので、ホテルではご自身で契約したサービスを利用するのがオススメです!!

 

>>動画配信サービスのおすすめは?10社のサービスをまとめてご紹介!

 

新作や有名作品もあまりない

扱ってるタイトル数が少ないので、当然最新作もほとんど配信されていません。

また過去の人気作を見たい場合でも、有名作品の配信はされていないことが多いです。

視聴履歴がバレる恐れがある

視聴履歴が漏洩してしまう恐怖心をイメージさせる画像

ホテルのVODを利用するとチェックアウト時の会計の際に「あなたが何を見たか?」が従業員にバレる可能性があります。

この視聴履歴については、データでホテル側に送られてしまうためご自身では削除することができません。

視聴履歴はプライバシーに関わることなのでホテル側や従業員の方も慎重に情報を扱うとは思います。
しかし、興味本位で「客が何を見たか?」を確認するスタッフもいるようなので、ホテルのVODを利用する時は念のため『見られる可能性がある』ということを頭に入れておきましょう!

ホテルでVODを使わない方法

不安な部分もあり、コスパも良くないなどデメリットが目立つホテルのVODサービスですが、当然危険を回避する方法もあります。

 

それは自分や家族が契約しているVOD(動画配信サービス)をそのまま利用することです!!

最近はほぼ全ての方がスマホやタブレット、パソコンを持って旅行や出張へ出かけていると思います。

ホテルなら無料のWi-Fiもあり、普段から使っている動画配信サービスであれば使い勝手も良く、無駄な出費を減らせるのでメリットも多いです。

 

VOD(動画配信)サービスをお探しの場合は以下の記事もご参考ください!!

>>動画配信サービスのおすすめは?10社のサービスをまとめてご紹介!

-動画配信サービス(vod)

© 2021 エンBro Powered by AFFINGER5