アニメ

衝撃「スラムダンク」映画化!気になるストーリー展開を予想!

2021年1月15日

「ダイの大冒険」「シャーマンキング」「BLEACH」と、立て続けに再アニメ化が決定したジャンプ歴代の人気作品。

その流れは今年2021年にも引き継がれ、バスケット漫画の伝説的作品『SLAMDUNK/スラムダンク』の映画化が作者の井上雄彦さん・東映アニメーションから発表されました。

テレビアニメ放送終了から25年が経った今でも根強い人気を誇り、「この作品があったからバスケやスポーツにハマった!」という方もたくさんいると思います。
現在NBAで活躍するトップ選手にもファンがいるなど、日本のみならず世界中で愛されている「スラムダンク」。

待望の映画化にあたって、気になるのは『どんなストーリーが描かれていくのか?』ということではないでしょうか。

そこで本日は、映画『SLAMDUNK/スラムダンク』のストーリーがどういった内容になるのか?についてをお話していきます。

映画『スラムダンク』はどんな作品に?


先日、2021年8月13日に発表された内容では、原作者である井上雄彦氏が監督と脚本を務め、公開日が来年2022年の秋であることが明かされました。

また公開された動画の中には円陣を組む翔北メンバーとともに関連するスタッフの名前も紹介されています。

なので現時点でこの映画が「どんなストーリーになるか?」や「細かい公開日はいつか?」などの詳細は発表されていません。

原作ファンやアニメファンとしては『実写映画ではない!』ということを聞けただけでも一安心と言えるかもしれませんね。

>>テレビシリーズ・劇場版アニメが見放題のU-NEXTへ

 

映画『スラムダンク』のストーリーを予想

ストーリーが発表されてないとはいえ、原作漫画・テレビアニメ・劇場版アニメなど様々な展開を見せてきた作品なのでいくつかの予想は立てられます。

本日はその中でも実現しそうな3つのパターンをご紹介していきます。

  • ファンの人気の高い山王戦
  • テレビアニメの続き
  • オリジナルストーリー

ファン人気の高い山王戦(ショートバージョンの可能性も)


1993年から3年間全101話にわたり放送されたテレビアニメ。

しかしこのテレビ版では原作漫画の全てのエピソードが描かれたわけではありません。
原作31巻(単行本)に対して、アニメ化されたの22巻のインターハイへ出発するまでで、後半はオリジナルエピソードも多かったです。

ですので、インターハイで湘北が対戦することになる豊玉高校や山王工業との試合は描かれておりません。

特に昨年王者である山王との試合は『スラムダンクの作中内でも人気ある1戦』で、以前から再アニメ化についてのファンからの強い要望も絶えませんでした。

しかし山王戦がもし映画化される場合、一つ気になることがあります。
それがこの1戦だけでも7巻分のエピソードがあり、とても2時間ほどの映画には収まりきらないということです。

ファンからの要望が強いとはいえ、いきなり何本も映画が作られるとは少し考えづいですね。

仮に山王戦となった場合には、原作より短くまとめられたショートエピソードとして製作される可能性もあるでしょう!

テレビアニメの続きから


次は、純粋にアニメ化されていないインターハイを最初から描いていく可能性についてです。

上記でも紹介したインターハイで湘北と対戦する2校の1つ、豊玉高校との試合。
原作では23〜24巻までのエピソードとなっているので2時間ほどの作品の場合でも時間的な収まりは良い気がします。

スラムダンク全ストーリーの流れを見ると山王よりインパクトの弱い豊玉戦ですが、湘北メンバーとのコート内外でのトラブルなどみどころも多い試合です。

また山王戦のように7巻分の尺も必要ないので、試合を途中で切ったり短くまとめることもなく、ストーリー全体の完成度が高まることも予想できます。

>>テレビシリーズ・劇場版アニメが見放題のU-NEXTへ

 

オリジナルストーリー


最後の3つ目はこれまでの劇場版作品と同じく、オリジナルストーリーで製作される案です。

スラムダンクはこれまで4作品の劇場版作品が公開されています。
その全てが「ドラゴンボール」や「忍空」などの当時放送されていた人気ジャンプアニメとの同時上映でした。

全4作の劇場版の簡単なストーリー内容はこんな感じです。

「スラムダンク 劇場版」公開日:1994年3月
陵南との練習試合後の湘北高校対武園高校の試合が描かれています。
花道の中学時代の同級生小田や失恋50人目となった葉子もメインキャラとして描かれていきます。
「スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道」公開日:1994年7月
ストーリー:インターハイ予選4回戦の湘北高校対津久武高校の試合が描かれています。
この試合は原作の79話でダイジェスト版として描かれていました。
「スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道」公開日:1995年3月
海南に敗れた直後の湘北高校とバスケ部を新設した緑風との練習試合が描かれています。
花道が坊主になるシーンや敗戦から復帰を目指す湘北メンバーの姿が描かれています。
「スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏」公開日:1995年7月
流川と出身校である冨ヶ丘中出身の後輩・水沢イチローをメインした物語が描かれています。
湘北高校対強豪校という形とは違い、病気のためバスケができなくなる中学生に寄り添い最後の試合として湘北メンバーが奮闘する姿が印象的です。

 

1作品あたり30〜40分ほどの短いながらも、オリジナルストーリーで展開されていく劇場版。
原作とは関連のあるエピソードが主軸なっているのが特徴です。

今回の映画では、スラムダンク単体の映画になる可能性が高いので2時間ほどの作品になると予想されますが、こういった原作にはないオリジナルストーリーが展開されていく可能性もあります。

 

まとめ

本日は、先日突如発表された『SLAMDUNK/スラムダンク』の映画化について予想できるストーリー展開をご紹介してきました。

現時点ではストーリー内容や公開日は明かされていませんが、アニメ終了から25年経って復活するファン待望の新作なだけに早く続報が知りたいものです。

この映画の続報については本サイトでも更新していくので、ぜひお待ちください!

 

\ドラマ・映画・アニメなどが楽しめる/

31日間の無料体験!

 

>>新作映画『スラムダンク』の声優変更は?続投の可能性と最近の出演作品を紹介

※本作品の配信情報は2021年8月14日時点のものです。最新の配信状況については各サービスの公式サイトやアプリにてご確認ください。

-アニメ

© 2021 エンBro Powered by AFFINGER5