映画

再始動した2014年版『ロボコップ』は新しいボディデザインとストーリーが注目の映画!

2020年10月20日

1987年から3作品が公開され、日本でも大ヒットした「ロボコップ」。

年齢的に劇場では見たことはありませんが、テレビで何度も見て主人公殉職するシーンは衝撃的だったことを覚えています。

この名作のリブート版として制作されたのが本日ご紹介する2014年版の映画『ロボコップ』。

前シリーズにはなかった設定やロボコップのデザインもスタイリッシュに一新され、幅広い方が楽しめる作品となっています。

あらすじ

2028年。
軍事ロボット事業を展開する巨大企業オムニコープは、世界各国の戦場に商品を輸出することで巨大な利益を得ていた。
しかし、『ドレファス法』という法律によりアメリカ国内でのロボット配備は禁止され伸び悩みを見せていた。

市警に勤める刑事アレックスはある捜査の途中、相棒と共に銃撃に合い相棒が撃たれてしまう。

1人捜査を続けるアレックスだったが、事件の発覚を恐れた汚職警官たちが犯罪組織に情報を与えたせいで爆発に巻き込まれ重体に。

国内での事業展開を進めたいオムニコープは、瀕死のアレックスを使い”マシーンと人間のハイブリッド”である『ロボコップ』を誕生させる。

主要人物とキャスト

アレックス・マーフィー
演:ジョエル・キナマン
デトロイト市警の刑事。爆発に巻き込まれロボコップに。

デネット・ノートン
演:ゲイリー・オールドマン
サイボーグ技術において著名な博士。セラーズからの依頼でマーフィーをロボコップにする。

レイ・セラーズ
演:マイケル・キートン
オムニコープのCEO。自分の欲望のためロボコップ計画を進めていく。

クララ・マーフィー
演:アビー・コーニッシュ
アレックスの妻。重傷を負った夫のためオムニコープ社の提案を飲む。

パット・ノヴァック
演:サミュエル・L・ジャクソン
過激な発言の多いテレビ司会者。

2014年版『ロボコップ』主演はジョエル・キナマン


本作で主人公アレックス・マーフィーを務めるのはジェル・キナマン。

スウェーデン出身の俳優で映画『イージーマネー』人気になる。
その後は『スーサイド・スクワット』や『ラン・オールナイト』、『ウィンターストーム』などの人気作や話題作へ出演しています。

個人的には薬物依存のホルダー刑事を演じた『THE KILLING』が印象的な方です。

『マイティー・ソー』のソー役や『マッドマックス』のマックス役といった複数の主演候補にも挙がるほどの注目俳優です。

2014年版『ロボコップ』はより現実的な設定に


アクション映画とはいえストーリー設定は重要です。

前シリーズの時代には『人間がロボットになり活躍をする』、これ自体に”夢”や”未来への期待感”を感じ興奮した方も多かったと思います。

しかし2020年の現在では、ロボコップほどの機能はありませんが普通の飲食店や携帯ショップなどでロボットと会話ができる状況になっています。
また、誰でも持っているスマホを使えばAIと会話まで出来てしまう時代。

『ただロボットの体を持った刑事』というだけでは物足りません。

そこで本作では『半分人間で半分ロボット』という部分がより強く押し出されていると感じました。
なので【どこまでがアレックス本人の行動か?】や【どこからがマシンとしての行動か?】についての問題も描かれています。

映画やアニメでもこういった境界線についての話は登場しているので、すんなりとストーリーに入りやすかったです。

また、CG技術の発展でマシンと分解されたアレックスの内部構造が登場するシーンもかなり生々しく作り込まれていました。
そういったシーンが苦手な方にはちょっと刺激が強いかもしれません。

そして本作のアレックスには”妻と息子”という大切な家族がいるのもみどころです。
人間の時の仲の良い家族団欒シーンと、ロボコップとなったアレックスの人格の変化についてもうまく描かれていると感じました。

進化したボディデザインと戦闘シーン


本作のロボコップはスタイリッシュなボディデザインと真っ黒なカラーリングで、これまでの作品よりさらに近未来感が増したように感じました。

また普通の警察車両で移動していた前作ですが、リメイク版の本作ではボディーに合わせた真っ黒のバイクで出動するのも特徴的です。

肝心なアクションシーンについては、ロボット的なあのカクカクした動きはありながらも、スムーズな動きを見せていくのでオリジナル版よりスピーディーな展開を楽しむことができます。

暗い倉庫での戦闘では”ノーラン監督版バットマンを思わせるシーン”があったのも個人的には良かったです!
真っ黒のボディーとバイクの時点でかなりバットマンを意識していることが分かりますね。

続編の企画も

リブート版として映画化されて本作。
次の作品についてもいくつか企画されています。

・一つ目は映画作品。
今日ご紹介している2014年版『ロボコップ』の続編という形ではなく、1987年のオリジナル版の続編となっています。

当初は本作で監督を務めたニール・ブロムカンプが担当することになっていましたが、スケジュールが合わずに降板。
新しく俳優やドラマ監督として活躍しているエイブ・フォーサイスが監督を勤めることが発表されました。

・テレビドラマ化の企画も進行中。
こちらは1作目の『ロボコップ』の前日譚が描かれるそうです。
ロボコップ自体は登場はなく、ジョーンズ副社長がメインになる物語が予定されているとのこと。

どちらもオリジナル版がカギになっている作品ので、前シリーズのファンの方にとっても今後の動向に注目です!

最後に

本日は1987年に大ヒットした映画「ロボコップ」のリブートした2014年版『ロボコップ』についてご紹介してきました。

オリジナル版から20年以上経ち、設定やロボコップのデザイン、ストーリー内容も現代風にアレンジされた作品となっております。

続編という形の映画ではないので、これまでロボコップシリーズを一度も見たことがない・あまり覚えてないという方でも楽しめる作品になっています!

 

31日間の無料体験から視聴可能
>>U-NEXT公式サイトへ

 

11月放送予定
>>WOWOW公式サイトへ

 

>>Amazon Prime Video公式へ

 

 

この記事の配信情報は2020年10月20日時点のものです。現在の配信状況については各サービスの公式サイトやアプリにてご確認ください。

-映画

© 2021 エンBro Powered by AFFINGER5