映画

キレキレのキアヌが復活!映画『ジョン・ウィック』の感想や魅力をお届け!

2020年9月18日

「スピード」や「マトリックス」シリーズが大ヒットし、アクション映画のイメージが強くなったキアヌ・リーブス。

しかしその後は良作はあれど中々ヒット作に恵まれず、公園で1人でいる姿が何度も写真に撮られるなど”いまいちパッとしない”印象が強かった方も多いと思います。

そんなキアヌが『完全復活した!!』と言われているのが、伝説の殺し屋を演じた映画『ジョン・ウィック』シリーズです!

この記事では、そのシリーズ1作目「ジョン・ウィック」についての感想やみどころをお伝えしていきます!

映画『ジョン・ウィック』あらすじ

裏社会で凄腕の殺し屋として知られていたジョンは、ヘレンという運命の女性に出会い組織を抜けた。

幸せな結婚生活を過ごすジョンだったが、彼女は病気を患い亡くなってしまう。

しばらくして彼の元にある荷物が届く。
その中には子犬・デイジーが入っていた。
先立つことがわかっていたヘレンからのプレゼントだったのだ。

デイジーの存在もあり、少しづつ平穏な日々へと戻っていくジョン。
しかしある夜、自宅で3人の若者に襲われ、愛車のマスタングが盗まれ、デイジーが殺害されてしまう。

旧友オーレリオから車を盗んだのが元の雇主ヴィゴの息子ヨセフだと知ったジョンは復讐を誓う。

 

\無料体験から本作を楽しめる!/

プライムビデオへ

シリーズ3作品が配信中!

 

登場人物とキャスト

⚫︎ジョン・ウィック
演:キアヌ・リーブス
吹替:森川智之
殺し屋として数々の伝説を残したがヘレンと出会い組織を抜ける。
彼女が亡くなり、愛犬デイジーと自慢の愛車を奪われ復讐を誓う。

⚫︎ヴィゴ・タラソフ
演:ミカエル・ニクヴィスト
吹替:堀内賢雄
ジョンの元雇主でマフィアのボス。
冷酷な性格だが、息子ヨセフを庇うためジョンと対立する。

⚫︎ヨセフ・タラソフ
演:アルフィー・アレン
吹替:金城大和
「マフィアのボスの息子」という肩書から、なんでも自分の思う通りになると考えているアホ。
ジョンの大切な存在を奪い、追い詰められる。

⚫︎マーカス
演:ウィレム・デフォー
吹替:山路和弘
凄腕の殺し屋でジョンの友人。
ヴィゴからジョンの始末を依頼される。

⚫︎ウィンストン
演:イアン・マクシェーン
吹替:安原義人
ホテルオーナー、支配人、コンチネンタルの代表を務める実力者。
ジョンの友人でもあり、彼には特別な気持ちを持っている。

映画『ジョン・ウィック』の感想やみどころ

かっこいいキアヌの復活!


この映画の1番のみどころは、やっぱり”かっこいいキアヌ・リーブスが見れる!”ということ。

撮影の4ヶ月前から週5日間、1日8時間のマーシャルアーツと呼ばれる格闘技、拳法、柔術や射撃などのトレーニングを積んだキアヌ。

この甲斐もあり、自宅やナイトクラブ、街中と場所を選ばず大勢のマフィアたちを相手に流れるようなキレキレで見事なアクションシーンを見せてくれます!

なんとスタント撮影の90%以上をキアヌ本人が演じているほどの力の入れっぷりです。

クラブで派手に悪者たちを始末していく様子はトム・クルーズ主演の「コラテラル」を思い出しました。
ただ、トムと違ってキアヌは身長が185cmほどもあり、手足も長いので迫力も十分に感じます。

ここ最近は汚職警官やだらしない男の役のイメージが強い彼ですが、「この作品で印象は180°変わった」という方も多いでしょう

愛犬・デイジーが可愛すぎる!

奥さんヘレンが死期を悟い、ジョンが寂しくないよう手配したのがビーグル犬のデイジー。

出演シーンは序盤だけなのであまり出てきませんが、存在感はバッチリです!

ベッドの下で上目遣いで見つめる姿や朝ジョンをに起こしにくるシーンは、殺伐としたシーンが多いこの「ジョン・ウィック」シリーズでは『唯一の癒し』と言えます。

それだけにデイジーが酷い目にあう事実は結構ショックでした。。。

しかしそのせいで3バカはジョンからの制裁を受けることになります。
個人的には「主犯のヨセフはもうちょっと痛い目を見ても良かったかな」とは感じました。

ネットで検索しても『ジョン・ウィック 犬』と結果が出てくるので、デイジーが本作の視聴者に大きなインパクトを残したのは間違いありません。

\無料体験から本作を楽しめる!/

プライムビデオへ

シリーズ3作品が配信中!

 

独特なテンポはクセになる!?


【律儀に帽子を取って挨拶する掃除屋の男】や【1人の女殺し屋にわざわざ4人の男が囲んで処刑】【妙な不気味さを醸し出すホテルマン】など個性的な演出も特徴的な本作。

この独特な間合いやわざとらしい演出、ちょっとアメコミのダークヒーロー映画のような雰囲気はどこかクセになります。

キアヌ・リーブスやウォレム・デフォーといった名優も何名か出演している作品ですが、”どこかB級映画っぽい”感じもあります。

「CGがたくさん出てくるハリウッド作品は苦手!」という方でもおすすめできる1作となっています。

引退しても衰えないジョンの影響力


本作に出てくる人物たちは”ほぼ全てがジョンの殺し屋時代のことを記憶”しています。

いくら失態を犯したとはいえ、平気でボスの息子を叩く車工場のトップ。
ジョンより30cm近く大きいのにもかかわらず、ジョンから「家へ帰れ」と諭されおとしくお礼を言うボディーガード。

騒音の苦情で家に駆けつけた地元警察の警官ですら、ジョンの部屋に死体があっても「また仕事してるか?」と静かに聞くだけでした。

正直、これだけ街中の人間から恐れられているのに『なぜヨセフはジョンの伝説を知らないのか?』と素朴な疑問も浮かんでしまいますね。

映画『ジョン・ウィック』は今後も続く人気シリーズへ

”かっこいいキアヌを堪能できる!”映画『ジョン・ウィック』を本日はご紹介していきました。

このシリーズは1作目だけでなく、2作目「チャプター2」、3作目「パラベラム」もヒットし、2022年には4作目とスピンオフドラマの制作も決定した人気シリーズとなっています。

「ジョン・ウィック」は以下の動画配信サービスなどで視聴できるので、ぜひ”かっこいいキアヌ”をご覧になってください!!

\無料体験から本作を楽しめる!/

プライムビデオへ

シリーズ3作品が配信中!

 

\シリーズ3作品がレンタル中!/

ゲオ宅配レンタル

最大30日間無料!

 

 

 

※本作品の配信情報は2020年9月18日時点のものです。最新の配信状況については各サービスの公式サイトやアプリにてご確認ください。

-映画

© 2021 エンBro Powered by AFFINGER5