映画

世紀の対決が実現『バットマンvsスーパーマン』の作品説明や続編についてを紹介!

2020年6月24日

続々と公開されるDCエクステンデッド・ユニバースのシリーズ映画。

第2作目となる本作はスーパーヒーロー同士の夢が対決が実現した『バットマンvsスーパーマン』です。

本日は映画『バットマンvsスーパーマン』の作品紹介や本作の疑問についてお届けしていきます!

バットマンvsスーパーマンあらすじ

ブルース・ウェインは幼い頃、強盗事件に遭遇し、両親を亡くす。
それから数十年後、ブルースはスーパーマンとゾッド将軍の戦闘が行われている街を社員を救うために車で走っていた。
その甲斐もなく、多くの社員やビルを奪われてしまう。

そこから18ヶ月後、レックスルーサーがトップを務めるレックスコープ社はワールドエンジンの中からクリプトン人を弱らせる鉱物を発見し、ゾットの遺体で実験を始めていく。

人々を救っていたスーパーマンをヒーローとして称える一方、世間の一部ではその力の巨大さから彼を危険視する動きが広がっていく。
それはバットマンであるブルースも一緒だった。

そしてレックスコープの物資取引現場でバットマンとスーパーマンが対峙することになるが、、

「バットマンvsスーパーマン」主要人物紹介

バットマン/ブルース・ウェイン

ベン・アフレック
億万長者で10年以上の間バットマンとして犯罪者たちと戦ってきた。
会社や従業員が犠牲になったことや変化する社会情勢を見て、スーパーマンを危険な存在として考えていく。

スーパーマン/クラーク・ケント

ヘンリー・カヴィル
スーパーパワーを持った地球育ちのクリプトン出身の異星人。
ヒーローとして活動する以外に恋人ロイスの務める新聞社で記者をしている。

レックス・ルーサー

ジェシー・アイゼンバーグ
優秀な科学者でありながら会社経営もこなす天才。
巧みな話術で政府関係者を巻き込んだ危険な実験を行なっていく。

ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス

ガル・ガドット
驚異の身体能力を持つアマゾネス一族の1人。
普段は裕福な美術商として姿を偽っている。

ロイス・レイン

エイミー・アダムス
デイリープラネットの記者でスーパーマンであるクラークの恋人。
行動力がある人物で今回も重要な出来事を調べていく。

アルフレッド・ペニーワース

ジェレミー・アイアンズ
両親を幼い時になくしたブルースを支えてきた人物。
それだけでなく、マシンやスーツの改良などバットマンとしての活動もサポートする。

マーサ・ケント

ダイアン・レイン
ポッドでやって来たクラークを育てた地球での母親。
現在はダイナーで働いている。

これまでのシリーズ作品を見る必要は?


結論からいくと、前作『マン・オブ・スティール』はもちろん、「ダークナイト」などのバットマンシリーズを見ていなくても本作を楽しむことはできます。(ダークナイトシリーズはバットマンを演じる役者も違うので、全くの別作品です。)

ただ、冒頭のスーパーマンとゾッド将軍の戦闘シーンやクリプトン星、クラークの地球での両親のことなど、前作を知ってる方がより楽しめるのは間違いありません。

バットマンとスーパーマンの2人が戦う理由や、そこに至るまで考え方については本作を見るだけでも十分だと感じました!!
原作のアメコミを知っている方に向けたシーンも出てくるので、前作を見ていても「んっ!?」となる部分もあります(私がアメコミを読んでいないので、、、)

 

前作を視聴しないで、本作から見る場合にはこの2つの単語は知っておいた方が良いでしょう。

⚫︎ゾッド将軍
前作のボスキャラ。
クラークの出身地であるクリプトンの軍司令官だった男。
クーデターをおこし幽閉され、地球を第2のクリプトンにすべく行動していく。

⚫︎ワールドエンジン
地球の環境をクリプトン人用に作り替えるための装置。

そもそもバッドマンとスーパーマンでまともな戦いになるの?


バットマンが通常のスーツや武器だけでスーパーマンに勝つことは絶対にできません!!
巨大な飛行機を持ち上げられる超人にちょっと鍛えた普通の人間が勝てるわけもないですよね、、笑
というか単体でスーパーマンに勝てるヒーローなんてDCはもちろんのこと、マーベルヒーローでも難しいでしょう。

では「どうやってバットマンは戦いを挑んでいくのか?」が気になるところです。
まだ本作をご覧になっていない方のために”あまりネタバレなし”いきます。

そこで立てた作戦”まずスーパーマンを弱らせて、バットマン本人はパワーアップした武器やスーツを使い戦いに挑んでいく”といもの。

本作でクリプトン人を弱らせる鉱物が登場するのですが、バットマンはそれを利用して互角以上戦闘へと持ち込むことに成功しています!

詳しい内容は実際にご視聴ください!!

『バットマンvsスーパーマン』は2人の対決だけがメインではない!


本作は邦題では『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』と表記されていますが、原題は『Batman v Superman: Dawn of Justice』となっており、”VS”とはどこにも書かれていません。

なので個人的な解釈ですが、この2人の対決はメインの1つではありますが、副題『ジャスティスの誕生(Dawn of Justice)』の方にも重点が置かれている映画だと感じました。
そしてこの”ジャスティスの誕生”は続編の『ジャスティスリーグ』へと繋がっていく話へになります。

続編「ジャスティスリーグ」に登場するキャラクターも


本作では「メタヒューマン」という単語がよく出てきますが、簡単に言うと超人的な能力を持った人間のことを表しています。

大活躍するワンダーウーマンもそこに当てはまり、続編に登場する重要なキャラたちもちょっとだけ出演しています。
そこで簡単にそのヒーローたちをご紹介。

◉アクアマン
ジェイソン・モモア
海底にあるアトランティスの王で水の中はもちろん、陸上でも活動可能。

◉フラッシュ
エズラ・ミラー
目にも止まらない高速で移動できるメタヒューマン。

◉サイボーグ
レイ・ミラー
あるきっかけで機械を埋め込まれたメタヒューマン。

バットマンvsスーパーマンの世紀の対決を動画配信サービスで

本日は、誰しも一度は想像するスーパーヒーロー同士の戦いが描かれた映画『バットマンvsスーパーマン』についてお届けしてきました。

本作はこの2人の対決以外にも、DCエクステンデッド・ユニバースで重要となってくるヒーローも活躍する作品となっているので、ぜひその点にも注目しながらご視聴ください!!

本作を楽しむなら無料体験期間もあるU-NEXTABEMAdTVがオススメです。
前作のシリーズ第1作目『マン・オブ・スティール』も楽しむことができます!

またU-NEXTでは続編にあたる『ジャスティスリーグ』も配信ので、合わせチェックしてみてくださいね。

 

U-NEXT

 

※本作品の配信情報は2020年6月24日時点のものです。配信や見放題が終了している可能性がございます。最新の配信状況についてはU-NEXT、dTV、ABEMAの公式ホームページやアプリにてご確認をよろしくお願いたします。

-映画

© 2021 エンBro Powered by AFFINGER5