映画

実話を元にした映画「5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜」を紹介

2020年8月15日

ドイツでの実話を映画化し、日本でも評判の高い映画『5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜』。

病気の影響で普通の人の5%まで視力が落ちてしまった主人公サリーが「一流のホテルマンになる」という夢を叶えるため、妹や友人たちに助けてもらいながらも必死に努力する姿が描かれるヒューマンドラマがみどころの作品です。

本日はこの『5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜』を視聴した感想やみどころをお話していきます。

映画『5パーセントの奇跡』あらすじ

サリヤ・カハヴァッテは真面目で優秀な実習生。
彼はある時、先天性の疾患から網膜剥離になってしまい95%の視力を失ってしまう。

そして「一流のホテルマンになる」というの夢を巡り父と対立する。

必死の努力の甲斐もあり、卒業資格を取得したサリヤはあちこちのホテルに研修の応募を出していくが、障害を持っていることでなかなか思うようにいかない。
そこでサリヤは自身の障害を隠してドイツ・ミュンヘンの五つ星ホテルに応募し、見事合格するが、、、

主な登場人物

⚫︎サリヤ・カハヴァッテ(コスティア・ウルマン)
⚫︎マックス(ヤコブ・マッチェンツ)
⚫︎ラウラ(アンナ・マリア・ミューエ)
⚫︎シーラ(ニラム・ファルーク)
⚫︎クラインシュミット(ヨハン・フォン・ビューロー)
⚫︎フリート(アレクサンダー・ヘルト)
⚫︎ハミード(キダ・コードル・ラムダン)

映画『5パーセントの奇跡』感想とみどころ

主人公サリヤ・カハヴァッテは実在の人物


本作は実話が元になっている作品で、主人公サリーは原作者サリヤ・カハヴァッテさんがモデル。

彼自身も映画のサリーと同様に視力を95%失っていて、以前はホテルで見習いとして接客や調理の仕事をしていました。

実話を元にした作品ですが映画とは大きく違う点もあります。
それは実際のサリーは『なんと15年間も目が不自由なことを隠していた』ということです。
彼は現在51歳なので、今とは働く環境もかなり違っていたと思いますが正直よく周りに気づかれなかったなと驚いてしまいます。

そんなサリーさんは、現在ビジネスコーチや講演者、古代インドの予防医学を用いたアーユルヴェーダ料理を広める活動などをされています。

 

\31日間の無料体験から本作を楽しめる/
>>U-NEXT公式サイトへ

とにかくめげないサリー

情熱を燃やす夢もあり、とにかく真面目で誠実な主人公サリー。

視力が5%ほどしか見えなくなり、そのことで父とも不仲に。
嘘をついて入ったホテルでは、ちょっと意地悪な教官がいたりと彼には次々と困難が待ち受けています。

しかしサリーはどんなに辛い状況でもめげません。

目が見えなくて勉強についていけないなら→声に出して覚える。
グラスやお酒の区別がつかないなら→手触りや匂いを頼りに研修をこなす。

こういったように持ち前の粘り強い性格を生かして乗り切っていきます。

このサリーの頑張っていく姿には視聴者や実の妹をはじめ、共に働く仲間、厳しかった教官の心すら動かすことになります。

心強い友人や同僚、妹


懸命にホテルでの研修をこなしていくサリーにはサポートする力強い仲間もたくさん登場していきます。
今日は特に印象に残った2人の人物を紹介します。

1人目は、サリーを学生時代から支える妹のシーラ。
「彼女ほんとに妹なの!?」ってくらいしっかりした性格で、作中でも冷静さや頼もしさにおいて『1番頼りになるキャラクター』と言っても良いかもせいれません。
彼女がいなければ、そもそもこのホテルに入ることすらできませんでした。

そして2人目は、ホテル面接でサリーに救われた同僚のマックス。
実家がホテルや飲食店を営業しているのでこのホテルへやってきた彼ですが、序盤は特にやる気のかけらも見せません。
考えているのは女性のことと、いかに仕事をサボることのみ。
サリーからも『僕は視力なしで、キミはやる気なしだね!』という少しスパイス効いたジョークを言われてしまいます。

そんな最初は迷惑ばかりかけていた彼でしたが、サリーの障害を知ると夜まで復習に付き合ったり、途中どん底まで落ち込むサリーを助けにくる同僚&親友へと変わっていきます。

他にもホテルで働く仲間や教師はサリーの味方となってくれる人物が多いので、『人の優しさを体験できる』という面もこの映画のみどころと言えるでしょう。

社会問題も扱っている

豊かな自然があり、街並みも綺麗というイメージがあるドイツ。

そんな良い面が目立つこの国にも移民問題や人種差別、ドラッグといった様々な社会問題が存在しています。

本作でいうと、スリランカ人の父とドイツ人の母との間に生まれたサリーに対しての人種差別発言。
サリーの調理場研修時に出会う移民のハミルの就業問題。
サリーが恋をするラウラのシングルマザーとしての厳しい日常。

こういった社会問題をメインテーマにした作品ではありませんが、現在のドイツが抱えている厳しい現実について触れているのは本作の魅力だと感じます。

最後に

本日は実話を元に制作された映画『5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜』をご紹介してきました。

本作は「人が夢のために努力する姿」や「仲間や家族が困っている時の助け合いの大切さ」が丁寧に描かれた作品です。

またそうした人間ドラマ以外にも、美しいドイツの景色や街並みも数多く登場しているのでドイツ、ヨーロッパがお好きな方もちょっとした旅行気分が味わえる映画となっています。

本作は以下の動画配信サービスやレンタル店などで視聴できるので、ぜひご覧になってみてください!

 

\31日間の無料体験から本作を楽しめる/
>>U-NEXT公式サイトへ

 

\30日間の無料体験から本作を楽しめる/
>>Amazonプライムビデオへ

 

 


※本作品の配信情報は2021年1月5日時点のものです。最新の配信状況については各サービスの公式サイトやアプリにてご確認ください。

-映画

© 2021 エンBro Powered by AFFINGER5