アニメ

泣けるアニメの名作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の魅力をお話しします!

2020年11月27日

「泣けるアニメ」はここ10年ほどで名作を数多く誕生させてきた人気ジャンルです。

そんな泣けるアニメの名作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を本日はご紹介していきます。

現在劇場版が公開中のこのアニメですが、レギュラー放送時から何度見ても涙が止まらない個人的に思い入れのある作品です。

今日はテレビアニメ版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の魅力をお話ししていきたいと思います。

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第1話のあらすじ

アンシェル王国。
「武器」と呼ばれ、戦争で数々の戦果を上げてきた少女ヴァイオレット。
彼女は両腕を失い、義手になりながらも職務へ復帰するため上官であるギルベルトへの報告書を書いていた。

そんなある日、ギルベルトの友人で元中佐のクラウディアが現れヴァイオレットは首都ライデンへと向かうことに。

クラウディアに連れられ身元引き受け人のいるエヴァーデン家へと着いたヴァイオレットたちだったが、、、

登場キャラとキャスト

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
声:石川由依
幼い時にギルベルトに引き取られ「ライデンシャトリヒの戦闘人形」として恐れられる少年兵だった。
両腕を失い義手となり、クラウディアたちと共にCH郵便社で自動手記人形(ドール)として働いていく。

クラウディア・ホッジンズ
声:子安武人
ヴァイオレットたちが働くCH郵便社の社長。
友人であるギルベルトが未帰還兵となってしまい、ヴァイオレットを迎えにいく。

ギルベルト・ブーゲンビリア
声:浪川大輔
幼いヴァイオレットを引き取り共に戦場で戦った上官。
戦場で傷を負い「愛している」という言葉を残し、行方不明に。

カトレア・ボードレール
声:遠藤綾
CH郵便社で自動手記人形として働く従業員。
優れた文章力と明るい性格から指名が絶えない人気者で、ヴァイオレットには同僚・友人として接していく。

ベネディクト・ブルー
声:内山昂輝
CH郵便社でポストマン(配達員)として働く従業員。
クラウディアやカトレアとは古くからの知り合いでフランクに接している。
ヴァイオレットの真面目な性格には戸惑いつつも良き先輩として振る舞う。

エリカ・ブラウン
声:茅原実里
CH郵便社で自動手記人形として働く従業員。
内気な性格のため仕事で苦労する部分も多かったが、ヴァイオレットと共に成長していく。

アイリス・カナリー
声:戸松遥
CH郵便社の自動手記人形として働く従業員。
働く女性・都会に憧れライデンへとやってきた。

 

>>今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の魅力

息を呑み、見惚れてしまうアニメーション

本作を制作したのは「けいおん」や「氷菓」など、これまで数多くのクオリティーの高い作品生み出し続けている京都アニメーション。

上記の画像を見ても分かるとおり、この「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」はその歴代の作品の中でもトップクラスに美しいアニメーションが楽しめる作品だと言えます。
少し変な感想になってしまいますが、”テレビアニメでありながら映画作品以上の映像の完成度”を毎話見せてくれるだけでも個人的には涙が止まりませんでした。

緑あふれる自然の様子、水の質感や飛び散る様子、表情豊かに描かれたキャラクターたちをはじめ金属でできた義手でさえ、しなやかさや表情すら感じる見応えのある映像の連続です!

”武器”ではなく”人”として成長していく少女


幼い頃から軍人として戦争に参加し、周りからは「武器」「心を持たないただの道具」として扱われてきたヴァイオレット。

ギルベルトが愛情を持って接していたとはいえ、普通の少女としては感情表現に乏しく、誰かに指示されないと動けない。
それでいて見た目の可憐さや兵士とは思えない純粋な心を持ったかなりアンバランスな存在でした。

そんな彼女は、自分の全てといって良いほど大切な存在であるギルベルトから言われた「愛している」の意味を探し自動手記人形として働いていきます。
タイピングでは見事なスキルを見せるヴァイオレットも相手の気持ちを中々理解できず苦労します。

しかし友人ができ、同僚たちと共に過ごし、依頼人の手紙を代筆していくうちに抑えることが当たり前だった彼女の感情も表に出るようになり自然な表情を見せていきます。

”戦争を生き抜いてきた少年兵”というと感情が壊れてしまったキャラを想像しますが、彼女はこれまで”感情をうまく表現できなかった”だけだったのです。

あなたも手紙が書きたくなる・・・


文字を書くことができない人も多かったこの時代。

自動手記人形=ドールに依頼する人物にはそうでないキャラも多く登場しています。
辛い経験をした兄への手紙、死が身近に迫った母親から娘に残す手紙、もう2度会えない両親や恋人に当てた手紙。
相手を思うからこそ伝えられない気持ちや辛い現実を認識したくないから出せない気持ちなど、毎回登場するキャラたちの様々な想いが描かれる本作。

作画の綺麗さやアニメーションの完成度だけでなく、30分にも満たない短い時間の中でこれほど色々な想いを感じられる作品は他にはないと思います。

このアニメを観終わった後「誰かに手紙を書きたくなった!」そう感じる方も多いのではないでしょうか。

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』まとめ

本日は泣けるアニメの名作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を魅力をご紹介してきました。

本作は下記のサービスなどでレンタル・購入ができるので、ぜひご覧ください!

>>今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

 

※本作品の情報は2020年11月27日時点のものです。

-アニメ

© 2021 エンBro Powered by AFFINGER5